2017/06← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/08

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2007/06/22/18:23

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
拝啓、キャプテン・ジャック・スパロウ様・・・・  
パイレーツオブカリビアン、ご覧になりましたか?
かなりの遅ればせながら、今年のGWに1・2を見た我が家、
公開をかなり楽しみにしておりました。
先週の日曜日、やっとこさで映画館に駆けつけ・・・
Read more...
Page top↑
2007/02/17/17:13

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「12人の優しい日本人」(1991 日本)  
12人の優しい日本人



日本アカデミー賞作品賞はフラガール
かもめ食堂の もたいまさこが助演女優賞に
ノミネートされていたのはちょっと嬉しかった。
去年はしみじみ、女性が凛とした映画が多かったな。

「12人の優しい日本人」は
今年「有頂天ホテル」でノミネートの三谷幸喜作の戯曲。
舞台での上演のほか、中原俊という監督のもと、
1991年に映画化されている。

もともと「十二人の怒れる男」というアメリカ映画があって、
それを元に、日本にも陪審員制度があったら?というテーマで
三谷幸喜が書き下ろしたものだそうだ。

陪審員制度って、アメリカ映画の中では
何度も見てきたけれど、いざ我が身に降りかかるとなっても
あまりピンとこない。
日本における裁判員制度は
「2009年5月までにスタート!」
ってなってるけど、一体どうなってしまうのか?!
(「までに」の意味もよくわからん。)

などの興味もあって見たのがこのDVD。
少しまじめに考えた。
Read more...
Page top↑
2006/10/28/19:22

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「サンキュー・スモーキング」(2006 アメリカ)  
「その男、話術で世間を煙に巻く」

タバコ業界のロビイスト(※)が主人公の映画
(※政治的圧力団体の代理人として、政党や議員や官僚、
 さらにはマスコミや世論に働きかけて、
 その団体に有利な政治的決定を行わせようとする者。
 「はてな」より)
Read more...
Page top↑
2006/10/14/17:33

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「トランス・アメリカ」(2005 アメリカ)  
トランス・アメリカ



「スカートの下に何があるかよりもっと大事なこと。」

「デスパレートな妻たち」のフェリシティ・ハフマンが
トランスセクシャル(性同一性障害)の父親ブリー役を見事に演ずる。

まだ自分が「男」だった時に生まれ、
その後離れ離れに暮らしていた息子トビーに
ひょんなことから他人として再会。
さらに皮肉なことに、
自分の身上を隠し続けながら一緒に旅をすることになる、
というロードムービー。
Read more...
Page top↑
2006/10/01/16:57

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「フラ・ガール」(2006 日本)  
「先生、いい女になったなぁ。」(吉本紀夫役 岸辺一徳)

松雪泰子が輝いていた。
細い身体で、あんなに可愛らしい顔での
迫力の演技とダンス。
Read more...
Page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。