2017/06← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/08

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2006/10/14/17:33

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「トランス・アメリカ」(2005 アメリカ)  
トランス・アメリカ



「スカートの下に何があるかよりもっと大事なこと。」

「デスパレートな妻たち」のフェリシティ・ハフマンが
トランスセクシャル(性同一性障害)の父親ブリー役を見事に演ずる。

まだ自分が「男」だった時に生まれ、
その後離れ離れに暮らしていた息子トビーに
ひょんなことから他人として再会。
さらに皮肉なことに、
自分の身上を隠し続けながら一緒に旅をすることになる、
というロードムービー。
一緒にいる女性が実は「男」、
それも自分の本当の父親だとは知らない息子トビーが、
旅を続ける中でそのブリーに情を芽生えさせてしまうところが
とってもせつない。そこが一番の見せ場の作品だったと思う。

トビー役のケヴィン・ゼガーズはなんともクールな美少年。
その愁い深い表情ははまり役だったと思う。
スポンサーサイト
Page top↑










トラックバックURL
→http://hokkoririn.blog84.fc2.com/tb.php/40-fad77cfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。