2017/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/10

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2006/09/23/16:40

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「Kinky Boots キンキーブーツ」(2005 アメリカ/イギリス)  
キンキーブーツ


"What can I do?"(工場の跡取り息子 チャーリー)


父親の急死・そして倒産の危機に見舞われた、
イギリスの田舎の老舗靴メーカーの跡取り息子、チャーリー。
もうたたむしかないのか、と苦悩する彼の前に
二人の助っ人が。
ひょんなことで知り合う、ロンドンのオカマバーの
経営者兼プロデューサー兼ダンサーのローラ。
「リストラの他に何ができる?って何ができるか考えなさいよ!」
と強烈な言葉を見舞う工場で働く女性、ローレン。

この二人に背中を押され、
チャーリーはまさに背水の陣を敷く。
オカマちゃん向けSEXYブーツという
超ニッチ市場に打って出るのだ。

これ、なんと実話だそうで、
ノーザンハンプトンの「ブルックス」という
靴メーカーの経営者ベイトマンさんがモデルとのこと。

あたたかくて、さみしくて、懐深く味を出していた
オカマちゃんのローラ役、
キウェテル・イジョフォーはどこかで?
と思ったら、「ラブ・アクチュアリー」。
イギリス映画はアメリカ映画と違う、
ユーモア・あたたかみ・そして毒気があって好き。

今更だけど、
ミニシアター系は
きらりと光る作品があるんだなぁ。
スポンサーサイト
Page top↑










トラックバックURL
→http://hokkoririn.blog84.fc2.com/tb.php/29-06ef7495
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。