2017/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/10

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2008/09/03/21:27

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(4)
08夏の旅:ベトナム:ハノイ1  
ベトナム4日目、ハノイ空港についたのは11:40、市内へ移動です。

ベトナムのタクシーの悪事はいろいろと聞いていました。
国営タクシーは信用ならない、とか、
評判のいいタクシーと似た名前にした
ぼったくりタクシーがいる、とか、
メーターはドン表示なのに、ドルで請求してくるとか・・・。
ホーチミンでは、中では評判の良いマイリーンタクシー
1本に絞り、なんとか渡り歩いたのですが・・・・

5月にベトナムを旅行なさったanjuliさん
ハノイのホテルから空港までは
エアポートタクシーが予約でき、定額14ドル、
というお話を伺っていました。
このお話、伺っていて本当によかった~(涙)
というはめに陥ったのです。
ハノイ空港

空港の外に出て、タクシー乗り場へと移動すると、
タクシー付けのところにたくさんの客引きがいました。
さすがに空港のタクシー乗り場は乗り入れに規制があるし、
どれにしても大丈夫だろう、と選んだタクシーが・・・
走りだしてから気づいたのですが、
明らかに改造メーター・・・明らかに怪しい・・・・ソ猝ヨ
そういえば、ボディのタクシー会社の名前も
マグネットで貼り付けられていたような映像がヨミガエリ・・・ヌ|ヌソヌモヌ鯣翩ナヌムヌ{ヌ~?ヌ|ヌソヌモヌ鯣翩ナヌムヌ{ヌ~?ヌ|ヌソヌモヌ鯣翩ナヌムヌ{ヌ~?ヌ|ヌソヌモヌ鯣翩ナヌムヌ{ヌ~?image_url_list=http:
(ベトナムでは会社名をマグネットで貼り付けたタクシー
 はNGだと聞いていたのに~!きぃい~!)

ハノイタクシー内

タクシーはのどかな田園を走ります。
さてはて、どうするか。旦那と相談しました。

anjuliさんにホテルから空港まで、2008/5時点では
定額14ドルだったと伺ったという話をし、であれば、
物価上昇を考えても、ドンにすると
せいぜい20万ドン~30万ドンの間だろう、
と予測をしました。(1ドン約70円)

やたらと愛想よく話しかけてくるタクシーの運転手。
なんだかメーター、高いねぇ、と話したら、
ガソリンがあがってあがって、日本もそうだろう?
と話すのです。
私たちもそこではふ~ん、と話を流しました。
だまされるものか、と内情はきりきりする中、
それでも外の風景はなんとものどかです。
ハノイ町並み


そしてホテルに着いたら・・・メーターは38万ドン。
旦那はすぐにタクシーを降り、ホテルのドアマンに
「空港からここまでいくらくらいかかる?」と
聞きました。
ホテルマンは「28万ドンぐらいです。」

ここでホテルのガードマンに来てもらいました。
どうやらタクシーは空港から市内まではいくら以内で走る、
というような申請を国にするらしく、その許可証を見せろ、と
ホテルのガードマンは運転手に要求しました。

運転手はすっかりあわあわおろおろでしたが、
その許可証によると、空港から市内までは
最大30万ドンという数字が。
28万ドンにはなりませんでしたが、30万ドンの支払いで
すませることができました。
ハノイホテル前
日本円にすると700円くらいの違いなのですが・・。
でもだからってやっぱりこういう悪事を
安易に許しちゃならないと思うのです。

私たちの直後にホテルに到着した外人さんも、
やはり同様のトラブルにあわれたようで、
同じ修羅場が繰り広げられておりましたsc06

やっぱりこういうところ、ホテルは心強いです。
お世話になったメトロポールハノイの皆さんに感謝。
シェラトンサイゴンでは、ドアマンが乗車時に
タクシーのナンバーを書いた紙を必ず渡してくれました。
何かあったらすぐ私たちに言え、ということなのです。

あぁ、ベトナム。
どこまでもやさしく人の良い人たちと、
どうにかふんだくってやろう、とする人たちとの差が
あまりにも激しい国でした。

タクシーはとにかく評判のいい会社の車を選んで乗るか、
ホテルでの乗降がよいようです。
レストランや買い物したお店で呼んでもらうのも
よい手段のようでした。
タクシー

明日はとても素敵だったクラシカルホテル、
メトロポールハノイをご紹介します。
スポンサーサイト
Page top↑
anjuli
2008.09.05 (21:33) + URLEDIT
ブログの紹介ありがとうございます^^空港からホテルまでのタクシーでいきなり、こんなことがあったのですね。エアポートタクシーは安心料でメータータクシーの料金より少し高めみたいだから、このドライバーさんはぼったくり精神にあふれていたんですね。でも、しっかり対応している よう★さん夫妻は偉い!ベトナムドンは桁が多くて、また日本円に換算するのがめんどくさくいんですよね。ぼったくりがなかったら、観光客はなんの躊躇もなく、みんなもっと頻繁にタクシーを利用して、結局は徳になるってわかってほしいですよね~
よう★
2008.09.07 (08:38) + URL + EDIT
anjuli さん
本当に伺っていてよかった(涙)!ありがとうございました。ぼったもの勝ちじゃなくて、真面目に仕事をしたほうが長い目でみたら絶対プラスになるって示さなきゃいけないですよね。私もそう思います。しかし桁の多いドン・アメリカドル・日本円と換算がややこしいのも混乱を招きますよね・・・。
菜雪
2008.09.10 (23:59) + URLEDIT
>どこまでもやさしく人の良い人たちと、
どうにかふんだくってやろう、とする人たちとの差が
あまりにも激しい国でした。

言い得て妙、っていうか絶妙です。
不思議な国だよね。
優しすぎて泣けた人と、
ものすごいけんかになった人、
両方いたよ、ベトナム。
不思議な国だよね、でも大好きかも。
よう★
2008.09.11 (20:18) + URL + EDIT
菜雪ちゃん
本当にそうだよね。あの境目はどこからくるんだろう?でも基本の国民性はきっととっても真面目で優しい人たちなのではないかと思うんだけどどうなんだろうね?帰りに予約したエアポートタクシーの運転手さんはすっごく疲れている様子が黙ってても伝わってきたので聞いてみたら、実はほとんど休みなしで毎日15時間近く働いてるって。でも家族のためなんだ、がんばらなきゃ、って言ってた。こういう人には心から、ありがとう、がんばってね、の気持ちでやっぱりチップ、渡してしまうんだよね。










トラックバックURL
→http://hokkoririn.blog84.fc2.com/tb.php/283-02584020
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。