2017/08← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/10

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2006/09/07/10:33

!
Trackback(0)
Comment(0)
ブリッジをかける  
以前、チャンス発見コンソーシアムという研究会に参加して、
主宰の東大の大澤幸生教授の講演を聞く機会があった。

大澤先生のお話は実に含蓄があったのだけれど、
その中で自分にとって一番響いたのは
『あちらの世界とこちらの世界にブリッジをかける』
という言葉だった。
昨日までは互いにまったく知らない、
あるいはまったく無関係だと思われていたあちらとこちら。
そこに何かしらのつながりを見つけてあげることで、
別々だった世界同士の交わりが生まれる。
それがブリッジ。
そこには次の世界の可能性が生まれる。
マーケティングとかコミュニケーションは
この繰り返しのような気がする。

ジブリの「ゲド戦記」、評価は悪いようだが、
作り上げる過程の中での鈴木プロデューサーの話が
おもしろかった。
ゲド戦記自体は30年以上も前に作られた作品。
この作品を現代社会とどうつなげて人々の「関心」を生むか?
それを考えに考え抜いてあのキャッチコピーが生まれたという。

書いていて思い出したけれど、
「千と千尋の神隠し」も
あちらの世界とこちらの世界のブリッジだったんだなぁ。
スポンサーサイト
Page top↑










トラックバックURL
→http://hokkoririn.blog84.fc2.com/tb.php/14-8685a93b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。