2017/10← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/12

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2007/07/17/10:14

ゆらり:深川下町・人形町
Trackback(0)
Comment(0)
プロの切れ味 ~ 人形町「うぶけや」  
家で仕事をするときには、テレビを小さい音でつけている。
仕事に関わるネタもころがっているので、という理由だけれど、
仕事そっちのけで、「ほうほう・・・なるほど~白い目」と見入ってしまうことも。

先日はTBSの「はなまるマーケット」に釘付け
「上手な千切り」がテーマで、
イロハのイとしてまずは何より包丁の切れ具合、と。
これまでは100円ショップで買ったインスタント包丁研ぎ器で
ぎこぎこやっていたが、
はなまるマーケットによると、「プロに御願いすると全く違います。」
まじっすか。

そういえば気になっていたのが、人形町の駅近くにある「うぶけや」。
刃物専門店なのだけれど、昔のまんまの佇まいがとてもよい。

20070713131435


天明三年創業(っていつよ?ですわね。1783年 なんと江戸時代から224年!)
さすが人形町ですなぁ。
家号のうぶけやは、
「うぶ毛も剃れる(包丁・かみそり)・切れる(はさみ)・抜ける(毛抜き)」
というところから名づけられたそう。
それぐらいよく切れる、ということですな。

木曜日までに預ければ、翌月曜に上がる、というシステムだそう。
東京の家には包丁1本なので、ついでにうぶけやさんで新しい包丁も購入。
DSC07066.jpg


DSC07067.jpg


研ぎ料は刃の傷み具合によって違うそう。
私のは刃が一部こぼれていたのだけれど、そこもしっかり修正されて戻ってきた。
1800円也。
DSC07070.jpg


やっぱりよく切れる包丁で野菜を切るのは楽しいイロイロ
プロの切れ味、ご興味あればお近くの刃物やさんでお試しあれ!
はなまるによれば、大抵500円~1000円くらいでやってくれるそうです。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Page top↑










トラックバックURL
→http://hokkoririn.blog84.fc2.com/tb.php/118-7c40efbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。