2007/04← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2007/06

+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2007/05/31/18:53

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
カレー三昧 ~ Tajifoods タージフーズ・エスニックカレー  
辛いものはお好きですか?
なかなかおいしいレトルトのエスニックカレーを発見。
もともとはプランタン銀座のB1食品売り場改装のセールにて。
Read more...
スポンサーサイト
Page top↑
2007/05/28/18:18

のたり:休日
Trackback(0)
Comment(0)
飛びます♪飛びます♪  
この休日、昼寝で「飛ぶ夢」を見た。

「あのさぁ、私、飛ぶ夢みた。」
sc06 幸せな夢だねぇ。

「ビルの上でさ、もし飛べなかったら死んじゃうんだよ!
 って、一緒にいた友達に言われたんだけど、
 でもやってみる!えい!ってやったら
 かなり低空まで落ちたけど、そこからぐい~んと飛べた。」
ソ猝ヨ うーん、いかにもだな。

コメントby旦那。
どうやら私、普段の人生もこんな感じで生きてるらしい。
すんまへ~ん走る2
Page top↑
2007/05/25/22:31

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
プレゼンテーション・インパクト ~ ティーポット 台北  
台北で台湾製のティーポットを手に入れた。
その名は「飄逸杯」。
「PIAO I TEA POT」、ピャオ・イー・ティーポット、と読むらしい。
中に入っていた数ヶ国語でできている説明書には
”マルチティーサーバー”の日本文字も。
メーカーは中国・日本・イギリス・ドイツ・韓国・カナダなどなど
各国でパテントもおさえている様子。

これが思わずぷぷっと笑ってしまうおもしろい茶器でして・・。
Read more...
Page top↑
2007/05/23/20:27

ぱくぱくり:駅弁・お弁当
Trackback(0)
Comment(2)
宮城もち豚弁当 ~ 仙台  
GW、祖母の白寿祝い、旦那の東京出張などが重なり、
先週金曜日、1ヶ月ぶりの仙台入り。

今回は金曜日当日の仕事のスケジュールが読めず、
乗る前にチケットを、と思ったら、なんと立ち席・・・
東北新幹線「はやて」「こまち」は全席指定。
ひゃ~、仕事後の1時間40分立ちんぼ、辛かったっす。
1本遅らせれば座って帰れたんだけれども、
1時間でも早く帰りたい理由が私にはあるのである。
それは・・・
Read more...
Page top↑
2007/05/17/23:17

!
Trackback(0)
Comment(0)
100-1は?   
先々週の日曜日は、祖母のお祝いで久方ぶりに親戚一同が会した。
お祝いの理由は
「100-1は?」
その答えは「白」。
さて、そのココロは・・・・

Read more...
Page top↑
2007/05/16/22:09

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
鉄の卵 ~ 淡水 台北  
最終日前日、天気が良いので足を延ばした淡水。
ごみごみした台北中心部と比較して、
海沿いののんびりりんした港町。
中心部からMRTで40分くらい。
気分がかわってとても気持ちよくなれるのでおすすめ。
IMG_0464.jpg

ここの名物の1つ、鐵蛋。
醤油や五香粉などで真っ黒になるまで煮込んだ卵を
潮風にさらして乾燥させるそうです。
その色と半ドライの硬さから「鉄の卵」と言うんでしょうか?

お店で食べられるものと、おみやげ用とがあります。
お店のものは煮ただけのものだったのかな?と思います。
柔らかくておいしかった。
IMG_0432.jpg

おみやげ用は「阿婆鐵蛋」というお店で。
鶏卵とうずら卵の2種類がありますが、
おみやげはツマミに向きそう、ということで、うずらをチョイス。
その食感、かなりの弾力があり、それが後引きます。
IMG_0439.jpg

20070515190633.jpg


近くの雑貨屋さんで卵の形のかわいいガラス容器が格安で。
大中小とありましたが、大と中をおみやげに。
鐵蛋を入れましたがご覧の通り、あっという間に底をつき。
DSC07056.jpg


淡水ではとてもきれいな夕日が見れます。
IMG_0508.jpg

Page top↑
2007/05/15/22:34

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
「お隣さん」をしみじみ感じる味 ~ 台北  
台湾には見たことのない食べ物もたくさんあったけれど、
そこはかとなく「なにやら日本のあれと似てないか?」
という食べ物もたくさんあって、
そういうものを探し歩くのもなかなか楽しい。

台北商旅・慶城館から歩こうと思えば歩ける距離、
遼寧街夜市からさらに先の八徳路二段沿いにある
「林東芳牛肉麺」。
IMG_0595.jpg

牛肉麺自体は中国から伝来したものらしいのだけれど、
ここの牛肉麺は、何度食べても「沖縄そば」を思い出す。
特に麺の太さや食感が、「すば」って感じなのです。
まぁ、台湾と沖縄、まさにお隣さん、
アジアの食文化はつながっておるのだなぁ、としみじみ思った。
ここは透き通ったスープがすごーーくおいしい店。
IMG_0302.jpg


MRT西門にある「阿宗麺線」の麺線。
これは多くの日本人が中毒症状になる味のよう。
IMG_0180.jpg

かつおだし風味のとろーりとろみのあるつゆに、
素麺のような細い麺・モツの煮込み・香菜(シャンツァイ)。
備え付けの辛味ダレ・黒酢などで好みに調味。
モツが新鮮で、本当にうまい!
めちゃめちゃ後引きます。
今更ながら、よくおかわりを我慢した!私たち。
IMG_0181.jpg

基本、大(55元)・小(40元)しかないので、シンプル。
お店の前での立ち食い飲みです。
レンゲでまさに飲むように食べる麺。
モツ鍋好きは駆けつけるべし。

観光客にも有名な台北の問屋街、迪化街近くにある「佳興魚丸店」。
IMG_0363.jpg

IMG_0365.jpg

「魚丸」とは魚のすり身で作ったつみれのこと。
台湾のつみれの中にはお肉を煮込んだ餡がとろーり入っていて、
これがうまし。ここの魚丸はとくに周りの皮がもちもちで有名らしい。
下記はスープに浮かべたもので魚丸湯 45元。
IMG_0359.jpg


こんな風に店内で作った魚丸を大量に茹でてます。
IMG_0362.jpg


そしてこれが・・・
知ってる方には怒られてしまうかもしれないけれど、
なぜに?どうして?
かのペヤングソース焼きそばの味にそっくり!な、
乾麺 30元。
乾麺とは、汁なし・タレで和えた麺のことだそう。
上に揚げた葱がのっていて、混ぜて食べると香ばしい。
IMG_0364.jpg


ちょっとわかりにくい場所にあるこのお店、
迪化街のドライフルーツのお店で店員さんに聞いたら、
有名店らしく、すぐに教えてくれましたスマイル
IMG_0594.jpg


最後は、MRT淡水から歩いて10分ほどのところにある
フェリー乗り場近くで食べた淡水名物、「阿給」。
IMG_0486.jpg

これ、「アーゲー」と読むのだけれど、その名の通り
ちょい厚めのお揚げの中に細いビーフンを詰め、
魚のすり身でふたをして煮込んだもの。
食べているとほんのりピリ辛が効いていて、まさに
日本×台湾のクロスカルチャーな病み付きになる味です。
IMG_0485.jpg

戦前、この淡水周辺には日本人がたくさん住んでいて、
お豆腐屋さんもたくさんあったそう。
その頃の名残りの味だそうです。
IMG_0420.jpg

Page top↑
2007/05/14/20:24

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(2)
麺!IN 台北  
台湾は麺がしみじみおもしろい。そしてうま~いグッド
そしてどの店でも大抵「大」と「小」があるのが素晴らしい。

去年の台湾旅行での我が家の教訓、「大を選んではならない。」
様々な失敗の結果、1店・1点でお腹一杯にしないのが、
台湾食べ歩きの鉄則に。
この「小」、讃岐うどんみたいに日本の麺屋さんにももっとあれば、
ちょっと小腹が、という時にいいのになぁ。

到着したその日に駆けつけた、
永康街にある「永康牛肉麺」。
紅焼牛肉麺(とろりやわらかく煮込まれた牛肉たっぷりの辛い麺)
IMG_0046.jpg

辛くない牛肉麺もありますので、苦手な方はそちらを。

半筋半肉麺(牛筋と牛かたまり肉半々の辛い麺)
IMG_0047.jpg

お店に入るとおばちゃんに
「大?小?」「辛い?辛くない?」と聞かれるので、
それにそって選べば何とかなるお店。
旦那はここの味がえらく気に入って、最終日ぎりぎりに
もう一度行ってしまったほど。

ホテルから一番近い屋台街、遼寧街夜市。
ランチタイムに行ったらOLさんやビジネスマンで一杯。
IMG_0341.jpg

この屋台街でも20年来の老舗で人気の
担仔麺(タンツーメン)屋さん、「20年老店担仔麺」。
IMG_0342.jpg

IMG_0344.jpg

もともと、担仔麺は台南名物なのだそう。
台北でいただきますです。
IMG_0345.jpg

壁のメニュー表に「加蛋 20元」とあったので、
お店の人に「タンツーメン。ガータン。」と適当に言ってみたら、
見事に担仔麺に煮卵がのってきたアップロードファイル
図々しくチャレンジしてみるもんですなぁ。
確か麺が小サイズで30元。
比較すると20元のガータンよ、あーた、いい値段とりますなぁエリザベス

MRT忠孝復興駅と忠孝敦化駅の中間ぐらいにある
香港粥と雲呑麺がおいしいお店、老友記。
台湾名物ではないけれど、中国系つながりってことで。
IMG_0209.jpg

到着したのが、閉店30分前、店内半分側の電気が消されたナ、ヌ
それでもその後も何組か地元客がやってきたので、点けるかな?
と思ったらそのまま。太い悩む顔
あたしゃ定時に帰るったら帰るのよOOOOO
という台湾のおばちゃん店員の意気込みを感じた夜。

IMG_0211.jpg


蠔油雲呑撈麺(汁なし雲呑麺) 110元
IMG_0213.jpg

香港の麺だよね~という感じの細さとコシ。
おいしいのだけれど、残念ながら私は最後飽きてしまった~あ
旦那は飯類を。
牛肉飯 110元
IMG_0212.jpg

こっちもめちゃうまタeイロ

Page top↑
2007/05/13/01:31

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
ルームサービス ~ レ・スイート台北 慶城館 台湾  
ホテルの紹介が長くなって恐縮です。
朝食以外はレストラン機能はない
レ・スイート台北(台北商旅 慶城館)。
代わりにルームサービスがなかなか秀逸。

夜中2時まで注文可能。
夕方、疲れて一度部屋に戻ってシャワーを浴びて、
しまった!そのまま寝ちまった!という時に重宝いたしました。

まるで本屋さんに売っているようなビジュアルの
この本がルームサービスのメニュー。
IMG_0161.jpg


開くとご覧のように、メニューの紹介と一緒にレシピが。
プロと同じものが家でも作れるって?
この本、持って帰りたかった~sc03
写真は私が注文したシンガポールスタイルビーフン。
IMG_0162.jpg


旦那は台湾名物「魯肉飯(ルーローハン)」を注文。
おかず・付け合せ・スープ・フルーツなど盛りだくさんの
この内容で、日本円にして確か1000円くらい。
しかもおいしい・・・。
もちろん屋台に比べることはできないけれど、
ルームサービスとしてはかなりリーズナブルでした。
二人で1つにしときゃよかった、っていうくらい、
食べきれなかったナ、ヌ
IMG_0156.jpg

IMG_0157.jpg

Page top↑
2007/05/12/12:07

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
部屋 ~ レ・スイート台北 慶城館 台湾   
レ・スイート台北(台北商旅 慶城館)は、
ホテルの中でも外でも滞在客が過ごしやすいように、
とのスタッフの心配りを感じるお部屋。
もちろんスタッフそのものもとてもフレンドリー。
一生懸命やってくれます。
(去年も思ったけれどイケメンのホテルマンが多いホテル市丸 ギン

ミニバー&ティーセット。
とてもおいしい中国茶のティーバッグがセッティング。
ちゃんと別に急須もあるのは、
凍頂烏龍茶など中国茶の名産地、
台湾でおみやげを買う人が多いからかな?
買ってきたお茶葉を部屋でさっそく試し飲み可能ニコニコ
IMG_0166.jpg


ウエルカムフルーツ。
夜、小腹がすいた時にもぐもぐアップロードファイル
毎日、いつの間にやらちゃんと補充されとります。
IMG_0164.jpg


アイロンとアイロン台。
IMG_0165.jpg


ipodドックのついたオーディオ&目覚まし。
持っていったipodでお気に入りをお部屋でグッド
IMG_0168.jpg

左上にはホテルオリジナルのミネラルウォーターのペットボトル。
生水や飲み物の氷を心配する観光客の方も多い台湾。
出かけるときに毎日バッグへ。屋台周りにも便利。
これも毎日補充されます。


テレビの下にDVD。
BSNHKその他日本語放送チャンネルもあるけれど、
夜はそれらのバリエーションも少ないので
成田空港のTSUTAYAで借りていったDVD3作を堪能。
海外では時々日本のDVDを読み込めないマシンもありますが
ここはめでたく再生グー
IMG_0169.jpg


写真を撮るのを忘れてしまったけれど、
部屋の電話機は携帯タイプ。
街歩きに持ってでかけられるようになっていた。
ホテルへの電話は無料、市内通話は格安だった記憶が・・・。

最近はこのスタイルも多くなってきたと思うけれど、
シャワールームとバスタブがセパレート。
シャワーをした後も再びゆーっくりバスタブに漬かれます。
やっぱり日本人はお風呂が重要ァJ、Hシィッコ
IMG_0171.jpg


Page top↑
2007/05/12/00:22

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
サロン~ レ・スイート台北 慶城館 台湾  
レ・スイート台北・慶城館(台北商旅 慶城館)の1階のサロン。
20070509211826.jpg

朝食時をのぞいた24時間、
コーヒー・紅茶・中国茶などの飲み物、
クッキー・チョコレートなど10種類くらいのスイーツ
が用意され、宿泊者はいつでも自由にセルフで利用できる。
(朝はここでビュッフェスタイルの朝食をとれる。)
IMG_0207.jpg

MRT南京東路に至近の立地のこのホテル、
街中散策途中に一度戻ってサロンで一時休憩・次の行動検討、
なんていう使い方。


反対側にあるサロン。
PCが3台設置され、自由に使える。
日本語利用が可能なPCも。
20070509212130.jpg


上記と別にあるビジネスコーナー。こちらもフリー。
部屋にもフリーのADSL/無線LANが通っているけれど、
観光客は、地図やクーポンなどを
現地でプリントアウトしたいときに便利。
IMG_0334.jpg



まるでどこかの邸宅のリビングにいるかのような雰囲気。
ライトダウンされているサロンですっかりリラックス。
小さなホテルのせいか、
ここで一緒になる他の宿泊客の方もいるかいないかぐらい。
うちのリビングもこんなだったらねぇ・・・。
ほんにため息ですわよ。
200705101048562.jpg

Page top↑
2007/05/10/22:23

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
選択と集中 ~ レ・スイート台北 慶城館 台湾  
台湾には台北に6日間滞在。
ホテルは昨年も泊まった
レ・スイート台北 慶城館(台北商旅 慶城館)」。


ここは(1宿泊者が僭越ですいやせーんタeイロ)、
経営のための選択と集中をとても意識しているホテルだなぁ、と思う。

台北の地下鉄、MRTの南京東路から徒歩1分。
交通至便・全90室と小さな規模。
SLH(スモールラグジュアリーホテル)にも選ばれている、
トーンの落ちついたとても静かなホテル。

ただーし。ネガティブ面。
駅近で小さなホテルのため、隣接ビルが至近距離にあり、
通常のホテルのような部屋の窓からの眺望はほぼ望めない。
(これは覚悟して行かれたほうがよいホテル。)

レストランやプール・ジムなどの設備も一切無し。
(朝食は1階のサロンで提供される。)
そのためホテルに入れるのは宿泊客のみ。
ここはかなり潔く、徹している。

その代わり、そこを補うべく、
宿泊客が滞在中いかに心地よく過ごせるか、を
ふむふむ、よく研究しておるなぁ・・・・というのが細部にわたって感じられる。
長くなってしまうので、それを次回に。

リピーターも多いホテルのよう。
値段は昨年に比べ、値上げしていたのが残念絵文字名を入力してくださいだけれど、
それでもやっぱりトータルでリーズナブルなホテル、と思う。

IMG_0323.jpg


Page top↑
2007/05/09/21:21

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(0)
休日モードへランディング~ 成田空港第1ターミナル  
あっという間にGWは過ぎ去っていった・・・。
あぁ、台湾。
とても楽しかったです。
なんとも遅いタイミングだけれど、ぼちぼちアップしていきたいなぁ。
まずは出発から。

昨年リニューアルされた第1ターミナルへ移ったANA。
20070509220457.jpg

リニューアルに伴ってオープンしたTSUTAYA。
さすが!しっかり売り場も「空港編集」になっていて、
「あの映画の舞台へ」のコーナー。
こういうのって旅行気分、盛り上げるよね~。すばらしいyellowpoint.05
200705092121306.jpg

さすがに目当ての「非情城市」などの台湾ものはなかったのでsc06
休み気分に合わせ、「パイレーツオブカリビアン1・2」と
「キンキーブーツ」の3本をチョイス。

ANAのラウンジもまだぴかぴか晴れ!
200705092121302.jpg


朝9:20発の便と早かったので、
あったかいおうどんが胃の腑に染みました市丸 ギン
IMG_0012.jpg

Page top↑
2007/05/02/12:00

ふらり:旅行
Trackback(0)
Comment(4)
台湾!  
台湾でのたりのたりとしております。
基本8時半ごろ起床、9時過ぎから朝食、
新聞など読んで11時ぐらいから行動開始、
こちらは梅雨入り前、ということで、
お天気はかなり不安定。
基本的には曇りの日が多いです。

ただし、湿度70~80%、気温30度近く、と
なると、太陽が出るとかなり辛い。
曇りが一番行動がしやすいです。

台湾の物価は日本の5~6掛けくらいかな?
地元のものを買えば、ですが。
缶ビールは30元(100円くらい)。
屋台の麺類などは40元ぐらい(130円ぐらい)
などなど、食べることには何の心配もいりません(笑)

写真つきでアップします。
まずは元気でいます!
Page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。