+Message for you+
ノーベルのはちみつきんかんのど飴のCMに
えなり君の歌う歌詞が表示されるようになり・・・
やっぱりみんな「え?なんて言ってんの?」と
思ってたんだなぁ・・・としみじみ・・・
--/--/--/--:--

スポンサー広告
トラックバック(-)
コメント(-)
スポンサーサイト  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Page top↑
2006/09/26/16:51

ほっこり
Trackback(0)
Comment(0)
和紡布 ~ 人生の3分の1は睡眠  
人生の3分の1もの時間を費やしている
「睡眠」、本当はもっと心をくだいてもいいんだよねぇ・・と
ときどき話す。
今の市場の7・8割は
起きている時間のためのものではないか?

和紡布のピローケースには5年程前に出会った。
頭にフィットする枕を探していてたどりついたネットのお店、
もちろん枕自体も悪くなかったのだが、
そこでおすすめだった専用ピローケースが
「和紡布」で作られたものだった。
この和紡布、奈良にある益久染織研究所の登録商標なのだそう。
Read more...
スポンサーサイト
Page top↑
2006/09/24/16:47

ほっこり
Trackback(0)
Comment(0)
岩盤VSゲルマニウム ~ 美遊菜の湯  
「岩盤浴」はもうすっかり定着したのかな。
私も月に1度程度お世話に。
あの汗の噴出し感と入浴後のお肌つるつる感が病みつき。

「ゲルマニウム温浴」は
一体何者なのかの想像がつきにくいのと
ゲルマニウム、という言葉がなんだかあまりにケミカルに聞こえて、
二の足を踏んでいたが、美遊菜の湯でキャンペーンをはっていたので、試してみた。
Read more...
Page top↑
2006/09/24/16:43

!
Trackback(0)
Comment(0)
殺し文句 ~ ダスキンクリーニングサービス  
先日フランス赴任から帰国したマーケタ-仲間、
Hさんとご主人に久しぶりに再会。
茅場町「MARU」に新しくオープンした3階でワイン。

本当は3年間はフランスで、と考えていたそうだが、
帰国するたびにお風呂がカビていくのと
ダーリンが弱っていくのを目の当たりにし、
2年で、と決意したのだそう。

そして帰国した彼女が試してみたのが
ダスキンのハウスクリーニングサービス
Read more...
Page top↑
2006/09/23/16:40

うっとり:映画・お芝居
Trackback(0)
Comment(0)
「Kinky Boots キンキーブーツ」(2005 アメリカ/イギリス)  
キンキーブーツ


"What can I do?"(工場の跡取り息子 チャーリー)


父親の急死・そして倒産の危機に見舞われた、
イギリスの田舎の老舗靴メーカーの跡取り息子、チャーリー。
もうたたむしかないのか、と苦悩する彼の前に
二人の助っ人が。
Read more...
Page top↑
2006/09/22/16:33

どっぷり:本
Trackback(0)
Comment(0)
荻原浩  
オロロ畑でつかまえて
神様からひと言


友人Mさんに薦められて
「明日の記憶」の後、「メリーゴーランド」を続けて読んで
すっかり魅了された荻原浩ワールド。
「あの日にドライブ」に続き、札幌紀伊国屋で
 「オロロ畑でつかまえて」「神様からひと言」
を購入。
ついでに東野圭吾の「分身」も。
今週末の楽しみ。
Page top↑
2006/09/21/16:31

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
自家製いくらの醤油漬け  
今日の夕飯
 ・水菜と豚しゃぶのポン酢和え・山芋の千切り韓国海苔のせ
 ・焼きとうもろこし・かぶのレモン醤油和え
 ・いくらごはん・ふのりのお味噌汁



札幌で暮らすようになってから
秋の恒例となった自家製いくらの醤油漬け。
今年はイオンの魚売り場で
筋子のほぐしをサービスでやってくれる、
というのでお願いする。
200609221149000.jpg

Read more...
Page top↑
2006/09/20/16:29

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
秋刀魚選び  
昨日がクリームシチューだったので、
今日は和。 
 ・サンマの塩焼き・チクワの磯辺揚げ
 ・大根と水菜のサラダ・五目ひじき・アーサの吸い物

サンマがおいしい季節!
白目が透き通っていて口先が黄色いものが
鮮度よく(目)、脂がのっている(口先黄色)証拠。
と、聞いていたが、調べてみたら
口先黄色はあまりあてにならないらしい。
背中がシャープなものより、
太く厚いものが脂がのっているらしい。
Page top↑
2006/09/19/16:26

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
夢のデカプリン  
うーん、でかっぷりが伝わらない画像がつらい。
なんと400グラム!!!の
超どでかプッチンプリン、その名も「Happyプッチンプリン」。
(横に写っているのは同じくグリコ
 「クリームオンプリン」85グラム。)
200610062303001.jpg


200610062303000.jpg

Read more...
Page top↑
2006/09/18/16:21

ほっこり
Trackback(0)
Comment(0)
とこちゃんはどこ  
とこちゃんはどこ


ちょっと目を離すと、どこにでもとことこ行ってしまうとこちゃんを
お母さん、お父さんの必死の目線で一緒に探す絵本
目印はとこちゃんの赤い帽子。
「あ、いたいた!」

真ん中の兄がまさに「とこちゃん状態」だったらしく、
多分それを意識して両親が買い与えた絵本
とこちゃんの悪気のなさがかわいい作品。
Page top↑
2006/09/18/16:16

のたり:休日
Trackback(0)
Comment(0)
とうもろこしは蒸し焼きで  
苫小牧アルテンでのキャンプの続き。
樽前サンフェスティバルでは、様々な屋台のほか、
キャンパーには嬉しい直売がある。
野菜や果物・魚介・焼き立てパン・お弁当など。
今年は
 ・殻付きホタテ・ホッキめし
 ・ノーザンホースパークのアーモンドクロワッサン
を購入。

dsc06102.jpg



ホタテは昨日近くのスーパーで買ったとうもろこしと一緒に網焼き。
とうもろこしは皮をとった途端に甘みが急速に失われていくらしく、
皮付きのまま調理するのが一番良いと聞いた。
普段は皮付きのまま蒸すのが我が家の定番だが、
ぎゅっと凝縮された甘みを味わうには
こうして焼くのが一番だと思う。

昼間からビールはキャンプならでは。
読書・気がついたら昼寝、そしてゆのみの湯温泉へ。
極楽極楽
Page top↑
2006/09/18/16:05

のたり:休日
Trackback(0)
Comment(0)
苫小牧アルテン ~ 2006.9.キャンプ  
最近、キャンプはコテージを狙う。
なるべく滞在時間を楽しむために
昔の完璧キャンプからお手軽キャンプへと移行しつつある。

dsc06100_edited-1.jpg


9月のキャンプは昨年に引き続き、
樽前サンフェスティバルが開催される苫小牧アルテンへ。
昨年は連日雨に見舞われただけに、
今年は2ヶ月前の予約日に電話をかけまくってバンガローをゲット。

苫小牧アルテンは
5つ星だけあって清潔で行き届いた素晴らしい設備。
札幌からも近く、質のいい温泉やアクティビティもあり、
いろんな意味で使いやすい。
うちもなんだかんだで結果、リピート率が最も高いキャンプ場。

Page top↑
2006/09/16/16:02

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
豆ちくわ ~ 名古屋 ヤマサちくわ  
中部国際空港を使う、と友人Iに話したら
おみやげに薦められたヤマサのちくわ。
彼女も豊橋にいった時には必ず買って帰るとのこと。

200609191212000.jpg



旦那に予想以上に好評だったこの豆ちくわ。
あっという間に一袋そのままべてしまった。
後日、もう一袋は磯部揚げに。
美味でした
Page top↑
2006/09/15/16:00

ぱくぱくり:駅弁・お弁当
Trackback(0)
Comment(0)
「東京弁当」 東京駅  
名古屋へ。
お昼を食べる時間がないので東京駅で駅弁を物色。
JR東京駅限定の「東京弁当」1600円也。

200609150922000.jpg


 ・人形町魚久のキングサーモン粕漬
 ・浅草今半の牛肉とレンコンの煮物
 ・築地青木の卵焼
など、東京の老舗の味入り。


200609150925000.jpg

Read more...
Page top↑
2006/09/13/15:54

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
金沢のインスタント  
今日の夕飯
 ・カレイの煮付け・ニラ玉ポン酢かけ
 ・細切ピーマンのたらこいため
 ・すまし汁・ご飯

すまし汁は両親の金沢みやげで、
お麩の専門店、不室屋の「宝の麩」という
一言で言うならインスタント汁。

200609132144000.jpg



貝殻の形や紋の形をした麩で出来た入れ物の中に
わかめ・葱などの乾燥具が入っていて、
御椀に入れお湯をかけるだけで出来上がり。
お湯を注ぐと麩の香ばしい風味がたちのぼり、
さすが金沢、インスタントといっても風情あり。
Page top↑
2006/09/12/15:40

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
「四川台所」 日本橋  
時々無性に坦坦麺がべたくなる。
銀座の東芝ビル(阪急)地下にある
「支那麺はしご」の「だんだん麺」は
一杯目、うまい!とうなるものではないのだが、
どうしてかリピートしてしまう。
醤油ベースに隠し味の柚子がほんのり効いていて
日本風坦坦麺という感じ。
Read more...
Page top↑
2006/09/11/10:48

!
Trackback(0)
Comment(0)
カラオケボックス  
以前勤めていた会社のある仲間が
大阪に転勤になるため、送別会。
その本人も転職して今は違う会社にいるのだが、
どの会社にいるかは関係なく、
転職した人・元の会社にいる人、
何かある毎にみんなで集まっては
声が枯れるほど大騒ぎする。
Read more...
Page top↑
2006/09/10/10:40

!
Trackback(0)
Comment(1)
「羽衣、島風に舞う」 NHK ETV特集  
沖縄の織物作家、上原美智子さんのドキュメンタリー
蚕が吐き出したままの不均一な極細の糸をそのまま使う、
世界一薄い織物、蜻蛉羽織(あげずば織)に
静かに根気よく挑戦する凛とした姿に圧倒された。
しかし「蜻蛉羽織」って
日本語ってなんて美しいんだろう、と感心する。
Read more...
Page top↑
2006/09/09/10:38

どっぷり:本
Trackback(0)
Comment(0)
「あの日にドライブ」 荻原浩  
あの日にドライブ
 



『タクシードライバーの仕事は、ただの偶然の積み重ね。
 成績がはかばかしくなかった頃は、そう考えていたが、
 自分の成績が上がってくると勝手なもので、
 伸郎の考えは少し変わった。
 そう、偶然を引き寄せるには技術と努力が必要なのだ』
Page top↑
2006/09/07/10:33

!
Trackback(0)
Comment(0)
ブリッジをかける  
以前、チャンス発見コンソーシアムという研究会に参加して、
主宰の東大の大澤幸生教授の講演を聞く機会があった。

大澤先生のお話は実に含蓄があったのだけれど、
その中で自分にとって一番響いたのは
『あちらの世界とこちらの世界にブリッジをかける』
という言葉だった。
Read more...
Page top↑
2006/09/06/10:30

どっぷり:本
Trackback(0)
Comment(0)
「空中庭園」 角田光代  
空中庭園



NHKの「食彩浪漫」で見てから気になっていた
角田光代氏。
何が気になったかというと、彼女の仕事場の台所に
ル・クルーゼがあったから(笑)。
Read more...
Page top↑
2006/09/06/00:00

どっぷり:本
Trackback(0)
Comment(0)
「オシムの言葉」 木村元彦  
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


『勇人が記者に囲まれているのを見ると、私は頭が痛くなる。
 若い選手が少しいいプレーをしたらメディアは書き立てる。
 でも少し調子が落ちて来たら一切書かない。
 するとその選手は一気に駄目になっていく。
 彼の人生にはトラウマが残るが、メディアは責任をとらない。』
Page top↑
2006/09/04/10:18

のたり:休日
Trackback(0)
Comment(0)
初モグリ  
今年の夏休み、始めて石垣島で海に潜った。
ダイビングに体験バージョンがある、というのも
初めて知った。
旦那に誘われなければやらなかっただろう、と
思うということは、
やっぱり無意識にも恐怖心があったのだと思う。

案の定。
意識して酸素を吸いあげることの難しさに涙、
耳抜きの苦しさに嗚咽、
潜ってからの動きの儘ならなさに号泣。
潜り続けることに必死で、魚を見に来たことを
すっかり忘れていた。
おぉーい。

7502092_1218974071.jpg

Page top↑
2006/09/04/10:07

!
Trackback(0)
Comment(0)
「ルール」 ガイアの夜明け  
録画してあった「ガイアの夜明け~世界市場に花を売れ」を見た。
キリンのバイオ技術を生かした種苗ビジネスの特集。
花の中にも知的所有権のあるものがある、というのにまず驚いた。
でもバイオビジネスってそういうことか?
Read more...
Page top↑
2006/09/03/00:43

ぱくり:食
Trackback(0)
Comment(0)
ポテトチップ カケル チョコレート  

我々夫婦の周囲で
札幌みやげとして最近話題になっており、
互いに
べたことある?」
ならばと買ってきた。

不思議な組み合わせだけれど、
確かにおいしい。
知り合いが大量買いした、というのも
うなずける。

どこかでべた味だなぁ、と記憶を辿ると、
自分にとっては
チョコフレーク(懐かしい)を大きく・分厚く、
そして少々しょっぱくした感じ。

次回のバレンタインデーはこれに決定か?!
ロイズ ポテトチップチョコレート

Page top↑
2006/09/02/00:26

うっとり:映画・お芝居
Trackback(1)
Comment(0)
かもめ食堂(2006 日本)  
かもめ食堂


春に公開された「かもめ食堂」を見逃していた。
この夏、シネスイッチ銀座で再上映されるのを偶然知り、
さっそく足を運んだ。
Read more...
Page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。